『文化政策研究』第16号投稿エントリー開始

会員の皆様

学会誌『文化政策研究』第16号投稿論文の募集が開始となりましたので、お知らせいたします。
投稿対象は、論文、研究ノート、政策評論、事例報告の4分野です。
ふるってご応募ください。

・投稿申込期限 2022年5月27日(金)17時必着
・投稿期限   2022年6月24日(金)17時必着

詳細については、下記リンクからご確認くださいますようお願いいたします。

◇『文化政策研究』第16号応募要項
https://www.jacpr.jp/wp-content/uploads/2022/04/cpr16call-for-papers.pdf

◇ 『文化政策研究』執筆要領(投稿時用)
https://www.jacpr.jp/wp-content/uploads/2021/04/cpr_writing_style_entry_210314.pdf

◇ 投稿に際してのチェックリスト
学生会員が投稿する場合は、このチェックリストの項目を確認し、投稿原稿とともに提出してください。
https://www.jacpr.jp/wp-content/uploads/2018/04/2137d08cceeef92c610bcf6bf0e3df0c.pdf

ご参考:「投稿論文の書き方」
学会誌編集委員会の企画で行われた研究大会での講座資料を改訂して、学会Webサイトにアップロードしています。
https://www.jacpr.jp/wp-content/uploads/2016/03/a77451ad7029116c76ae3b0cd01453af.pdf

ウクライナ・ロシア情勢をめぐる緊急声明

このたび、日本文化政策学会は「ウクライナ・ロシア情勢をめぐる緊急声明」を発表いたしました。

ウクライナ・ロシア情勢をめぐる緊急声明

日本文化政策学会は、ロシア軍によるウクライナ侵攻の犠牲者、被害者となられたすべての人々に哀悼と連帯の意を表します。

芸術・文化の自由な創造・享受・参加を可能にする政策を研究する私たちは、憎悪と暴力に反対し、平和をかたく支持します。ユネスコ憲章を引くまでもなく、芸術・文化は偏見をとりのぞき、平和の礎となるべきものだと強く信じているからです。

私たちは分断ではなく連帯を支持します。ウクライナの人々はもちろんのこと、ロシアやそれ以外の地域において、戦争に反対し、平和を求める人々、とりわけ多様な文化を尊重し、平和を希求する芸術家や文化関係者、文化機関と私たちは連帯します。また、ロシア人に対するいわれなき中傷や差別、ロシア文化の一律のボイコットにはくみしません。

ウクライナ国内の文化施設や文化財に対する攻撃も、ロシア国内の文化機関や関係者に対する言論統制の圧力も、私たちは断じて容認することができません。ロシアにおける言論と表現の自由、文化関係者の安全の確保を強く求めます。

私たちは芸術・文化を通じた相互理解の促進、平和の構築を支持します。多様な人々がつながり、ゆたかな人間生活を送るための文化的実践を擁護します。そうした実践を支える政策を実現するため、研究や活動を通して、世界の永遠平和に貢献してまいります。

日本文化政策学会
第5期会長 熊倉純子
第6期会長 藤野一夫
第5期・第6期 理事会一同

2022年4月2日

 

———

2 April 2022

An Urgent Statement on the Situation in Ukraine and Russia

Sumiko Kumakura, 5th President
Kazuo Fujino, 6th President
Members of 5th and 6th Boards
Japan Association for Cultural Policy Research

The Japan Association for Cultural Policy Research expresses its deepest concern and its solidarity with all the victims of the invasion by Russian armed forces of Ukraine.

We, who research policies that make possible the free creation, enjoyment, and participation in art and culture, stand opposed to hatred and violence; we adamantly stand on the side of peace. This is not only because we support the UNESCO Charter, but also because we strongly believe that art and culture are the basis for peace and the eradication of prejudice.

We support solidarity, not division. We stand in solidarity of course with all the people of Ukraine, but also with all those in Russia and beyond who seek peace and are opposed to war. Above all, we stand in solidarity with artists and individuals and organizations involved in the arts who respect the diversity of cultures and seek peace. We do not side with those who, without cause, discriminate against or harm the Russian people, nor do we advocate a blanket boycott of Russian culture.

We can in no way accept the attacks on Ukrainian cultural properties and facilities, nor the media blackout against individuals and organizations inside Russia. We strongly demand the preservation of the freedom of expression of the Russian people and the safety of those who are active in the arts.

We support the building of peace and the promotion of mutual understanding through arts and culture. We defend cultural activities that enrich the lives of human beings and create connections that deepen diversity. We shall dedicate ourselves to the preservation of world perpetual peace through research and related activities that will realize cultural policies that support these goals.

Translation: Cody Poulton

 

———

2 квітня, 2022

Термінове Звернення Стосовно
Українсько-Російської Ситуації

Товариство з Японської Культурної Політики
5-й Голова Товариства КУМАКУРА Суміко
6-й Голова Товариства ФУДЖІНО Кадзуо
Всі члени Ради Управління

Товариство з японської культурної політики висловлює співчуття та солідарність усім жертвам російської агресії в Україні.

Ми, які досліджують політику, яка дозволяє вільно створювати та брати участь у культурі та мистецтві, виступаємо проти ненависті та насилля та всіляко підтримуємо мир. Навіть не цитуючи статут ЮНЕСКО, ми твердо віримо, що культура та мистецтво повинні розвіяти упередженість та стати основою миру.

Ми підтримуємо солідарність, а не розділ. Ми солідарні з українцями, а також людьми в Росії та інших регіонах, які виступають проти війни та бажають миру, особливо з художниками та діячами культури, які поважають різні культури та шукають миру. До того ж ми не підтримуємо напади та дискримінацію Росії та не виступаємо проти російської культури.

Ми засуджуємо напади на культурні установи та культурну спадщину України, а також тиск та обмеження у свободі слова культурних організацій та представників культури на території Росії. Ми виступаємо за свободу слова та самовираження, а також за безпеку діячів культури в Росії.

Ми підтримуємо рух за взаєморозуміння та побудову миру через мистецтво та культуру. Ми виступаємо за культурну діяльність, яка спрямована на об’єднання різних людей та забезпечення повноцінного життя. Для того, щоб реалізувати цю політику, ми будемо підтримувати мир у всьому світі шляхом своїх досліджень та діяльності.

———

2 апреля 2022 года

Неотложное заявление о конфликте
Украины и России

Японская ассоциация исследований культурной политики
Пятый председатель Сумико Кумакура
Шестой председатель Кадзуо Фудзино
Члены правления пятого и шестого созывов

 

Японская ассоциация исследований культурной политики выражает свои соболезнования и солидарность жертвам и пострадавшим от вторжения российских войск в Украину.

Мы, занимающиеся исследованиями политик, направленных на свободное творчество, восприятие и соучастие в свободном созидании культуры и искусств, выступаем против ненависти и насилия, и решительно выступаем за мир. Мы твердо верим, что, как гласит Устав ЮНЕСКО, искусство и культура должны избавлять от предрассудков и являться краеугольным камнем мирного сосуществования.

Мы поддерживаем не разобщение, но солидарность. В первую очередь мы солидарны с украинским народом, но также и с теми представителями российского и прочих народов, которые выступают против войны и желают мира, и особенно с теми художниками, деятелями искусств и культурными учреждениями, которые уважают многогранность культур и желают мира. Мы не поддерживаем неоправданное злословие и дискриминацию россиян, как и тотальный бойкот русской культуры.

Мы считаем крайне недопустимыми атаки на украинские культурные учреждения и памятники культуры, так же, как и ограничения свободы слова культурных институций и деятелей искусства в России. Мы решительно требуем соблюдения свободы слова и самовыражения и обеспечения безопасности деятелей культуры в России.

Мы поддерживаем усилия по установлению мира и продвижения взаимопонимания посредством искусства и культуры. Мы выступаем за культурную деятельность, направленную на единение между разными людьми и процветание. Для того, чтобы поддержать воплощение такой деятельности в жизнь, мы будем делать наш вклад в вечный мир во всем мире нашей исследовательской деятельностью.

———

日本語版 > PDF
英語版 > PDF
ウクライナ語版 > PDF
ロシア語版 > PDF

第15回年次研究大会が終了しました。

【閉会挨拶】

みなさま、大会にご参加くださりありがとうございました。対面形式からオンライン形式に急遽変更しての開催となりましたが、みなさまのご協力と大会実行委員会のみなさまの大変なご尽力により、無事に大会を終えることができました。心よりお礼申し上げます。
今回の大会では、オンライン形式を前提としながらの異なる条件の参加者の受け入れ、さらにそれを踏まえた大会特設サイトの設置など、新しい試みに取り組みました。若手研究者による二つの企画も、これまでにない取り組みでした。こうした経験を今後の学会運営に活かしていければと考えております。
本大会で企画いたしました二つのシンポジウムやラウンドテーブルも、まさに「文化・芸術の持続可能性:厄災の時代の神話を超えて」という大会テーマに沿う充実したものであったかと存じます。登壇者のみなさまには深くお礼申し上げます。
本大会のテーマに「厄災の時代」という言葉を入れたのは、東日本大震災やコロナ禍を念頭に置いてのことでしたが、大会開催直前になってウクライナ情勢の変化や新たな地震の発生があり、この言葉の重みがさらに増すこととなりました。人類が理性と知性をもってこうした厄災を乗り越えていくことを、切に願うばかりです。

日本文化政策学会第15回年次研究大会
プログラム委員⻑
友岡 邦之

ーーーーーーーーー

第15回年次研究大会にご参加下さった皆様、まことにありがとうございました。
年度末の連休に国内外から400名以上のお申し込み、ご参加をいただき、闊達な議論が交わされました。今回の大会は、対面開催を想定して作ったプログラムを全面オンラインに移行する形で行いました。数々ご不便をおかけしましたが、皆様のご協力のおかげで無事に終えることができました。今回の経験がポストコロナの学会活動の材料として少しでも役に立てばと願います。
この大会を実現するためにお知恵とお力を貸して下さった全ての方々に、重ねて心から感謝申し上げます。
厄災にみまわれた世界が1日も早く平和と日常を取り戻しますように。

日本文化政策学会第15回年次研究大会
実行委員⻑
成蹊大学文学部 川村 陶子
日本文化政策学会 [主催者]

第15回年次研究大会の申込み受付を開始

大変お待たせいたしました。3月20〜21日開催のオンライン研究大会の申込み受付を開始いたします。

今回の研究大会は昨年度と同様に全面オンライン(Zoom)で行いますが、昨年度とは異なり「事前の申込み(登録)」が必要です。

申込み期限は3月19日(土、大会前日)までです。
お申し込みをお忘れなきよう、よろしくお願いいたします。
(発表者やフォーラム等の企画者の方々も申込みが必要です。)

【参加申込方法】

下記の大会特設ウェブサイトをご覧の上、上記のとおり、必ず事前の申込みをお願いいたします。
https://jacpr2021tokyo.wixsite.com/2021tokyo-jacpr

参加申込みはPeatixのシステムを使用しております。
(申込みサイトは下記です。大会特設ウェブサイトのトップページからリンクを貼っています。)
https://2021tokyo-jacpr.peatix.com

申込みを行って下さった方々に、大会前日までにPeatixを介して、実行委員会より、当該カテゴリで参加可能なセッションのZoomリンク等の接続情報をメールでお送りします。

(さらに…)

第15回年次研究大会シンポジウム・ラウンドテーブルのご案内

日本文化政策学会は、3月20日(日)・21日(月・祝)に全面オンライン形式で第15回年次研究大会を開催いたします。

本大会では、分科会での個別の研究発表、および学会員による企画フォーラムの他に、二つのシンポジウムとラウンドテーブルを開催いたします。概要は下記の通りですので、ご参照ください。

本大会は、peatix(https://peatix.com/)のサービスを利用した事前の参加申し込み手続きが必須となります。参加申し込み手続きについては近日ご案内いたします。

なお、非学会員の方が研究発表に参加される場合は有料(千円)となりますが、非学会員の方でもシンポジウム、ラウンドテーブル、企画フォーラムのみの参加をご希望の場合は無料となります。

ご不明の点がございましたら、大会事務局(jacpr2021tokyo@gmail.com)までご連絡ください。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

第15回年次研究大会プログラム委員会
委員長 友岡邦之

========
●シンポジウム1 厄災と祝祭と文化政策:「復興」と「レガシー」の現実

【日 時】 2022年3月20日(日)15時~16時30分
【出演者】 芹沢高志(アートディレクター、都市・地域計画家)
大友良英(音楽家、プロデューサー)
吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 研究理事・芸術文化プロジェクト室長)
野田邦弘(司会,横浜市立大学大学院都市社会文化研究科客員教授)

【企画趣旨】コロナ禍、そしてその最中におけるオリンピック・パラリンピックといった経験等を踏まえて、文化活動や芸術活動を持続可能なものにしていくために必要な仕組みとは何か、あるいは現行制度のどこに課題があるのかを考える場としたい。コロナ禍への対応として実施されたさまざまな芸術支援事業の有効性、東日本大震災からの「復興」や五輪開催のキーワードとされた「レガシー」の現実、自由な表現の場の形成・維持をめぐる軋轢など、日本社会の文化・芸術の持続可能性をめぐる課題は山積している。危機を乗り越えた先にあるとされる希望を信じる前に、トリエンナーレなど大型芸術祭へ関与された経験などもふまえ、これらの事業制作過程で求められる過大な負担を伴う各関係機関との調整など足元の課題を具体的に改善するための討論を行いたい。
> 詳細案内PDF

●シンポジウム2 文化の生存権:文化支援事業の有効性とは

【日 時】 2022年3月20日(日)17時~18時30分
【出演者】 蓑輪勇二(公益財団法人せたがや文化財団音楽事業部・部長)
山本麻友美(京都市文化芸術総合相談窓口(KACCO)・統括ディレクター,京都芸術センターアーツ・アドバイザー)
三好勝則(公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京・機構長)
太下義之(同志社大学経済学部・教授)
熊田知晃(司会,明治大学政治経済学部・助手)

【企画趣旨】COVID-19による補償,支援は様々行われている。文化政策の分野では,東京都,京都市,世田谷区等の様々な公的機関によるアーティスト,文化団体,文化施設等を対象とした文化支援事業の制度を設計した。しかし,制度が執行される際には様々な課題が生じた。それは,プロ・アマの定義,申請内容の審査等のこれまでに課題の解決を先送りにしてきたものが関わる。さらには,COVID-19以前に設計されていた事業の実施に向けた変更も問われている。そこで,本企画では,文化支援事業を巡り,制度設計(政策立案過程)と執行(政策実施過程)の間で発生した課題や成果を議論していく。文化支援事業を経済,自己実現,社会的身分等の面から捉えていく。実際に文化支援事業の執行を担う三者に,問題提起として文化支援事業の実態を説明してもらい,それを学術的に整理していく。制度設計と執行間の課題や成果を追求することで,これまでの文化支援事業の有効性を捉えると共に,今後の文化支援事業に向けた討論を行う。この討論は,これまでの文化支援事業における理念が,アーティスト,文化団体,文化施設等の生存を保持しようとするものへと転換が行われた点について,文化政策研究として問い直すものである。
> 詳細案内PDF

●ラウンドテーブル 「表現の自由」ふたたび:表現の場の安全保障

【日 時】 2022年3月21日(月・祝)15時~16時30分
【出演者】 伊藤昌亮(成蹊大学)
小泉明郎(アーティスト)
小島立(九州大学)
小泉元宏(司会,立教大学)

【企画趣旨】2000年代前後から、観光立国や文化芸術立国の実現などを図ることを目指すために、あるいは少子高齢化や人口減少が進む都市・地域活性化への効用を期待して、各所で国際芸術祭やアートプロジェクトなどの文化事業が盛んに開かれるようになっている。また同時に、市民参加型、あるいは融合/集合型のカルチャーを生み出すことを可能とするメディアやプラットフォーム、アプリケーション、ソフトウェアの拡張や普及が、新たな社会関係形成や、文化の創作、受容を推し進めてきた。しかし他方で、国や都市・地域の産業振興、あるいはアイデンティティ強化などといった社会的目的のために文化が過度に利己主義的に利用されたり、あるいは、著作権をはじめとする知的財産権の管理強化が推し進められたりといった、民主的で多様な芸術・文化の実践を阻害しうる動きも存在する。さらには、COVID-19パンデミックによってあぶり出された文化関係者の苦境や、市民の間に顕著の広がる社会的格差の拡大など、芸術・文化をめぐる社会政治やマネジメントのあり方には、さまざまな問題・論点が見出され、喫緊の課題ともなっている。このような現状において、芸術・文化をめぐる「自由」な場や制度、エコノミー、そしてライフスタイルを確保していくためには、どのような視座が求められるのだろうか。このラウンドテーブルでは、社会・政治的な相互関係の領域を確保していくためにも重要なはずの、現代社会における表現の場を形成・維持していくために、いかなる取り組みや考え方が必要か、その課題や困難はどこにあるのかを議論していきたい。社会学、情報学、法学などによる最新の知見や実例と、芸術実践の立場によるアクチュアルな問題意識から話題を提起するとともに、参加者を交えながら意見交換するための場を開いていく。
詳細案内PDF