表示: 1 - 7 of 28 結果

ICCPR Early Bird Registartion Period Extended (till 15 Jan 2021 JST)

ICCPR Early Bird Registartion period is now extended until 23:59 (JST), 15 January 2021. For those who have been considering participation in this exciting event, please seize the opportunity! The Conference will be held online on 23-26 March 2021. For more details, please kindly refer to the ICCPR website.
https://www.gakkai.ne.jp/ICCPR2020/

ICCPR参加費の早期割引適用期間延長のお知らせ(〜1月15日)

コロナ禍を受けて、2021年3月23〜26日にオンライン開催されることになったICCPRの参加費につき、早期割引適用期間が2021年1月15日金曜日23:59(日本時間)まで延長されています。詳細についてはICCPRウェブサイトをご覧ください。ふるってご参加くださいますよう、あらためてお知らせ申し上げます。
https://www.gakkai.ne.jp/ICCPR2020/

若手研究者交流セミナー参加のご案内

新型コロナウイルス感染拡大により、2020年度若手研究者交流セミナーはオンライン開催で実施することになりました。
文化政策分野の若手研究者の研鑽および交流の機会を作ることを目的としており、本学会会員限定で公開し、リアルタイムで視聴していただきます。
ただし、非会員の方でも、1月20日まで本学会の入会申込手続がお済みの方に限り、参加可能です。

〇日程  2021年1月24日(日)

〇スケジュール
 ①10時~11時30分(終了予定) 
「文化政策における行政の専門性の理論的根拠-行政の自律を手掛かりに-」
発表者: 熊田知晃(明治大学大学院政治経済学研究科政治学専攻 博士後期課程)
指定討論者:中川幾郎(帝塚山大学)、藤野一夫(神戸大学)
発表内容PDF: https://bit.ly/35c4oV0

 ②13時~14時30分(終了予定)
「文化財保護と観光との文脈を結合した「真正性」概念の課題検証」
発表者:奥野耕平(同志社大学大学院総合政策科学研究科 博士後期課程)
指定討論者:井上敏(桃山学院大学)、須田英一(法政大学)
発表内容PDF:https://bit.ly/3s05wFd

 ③15時~16時30分(終了予定)
「高齢者との音楽活動を通したコミュニティの形成に関する予備的考察:阪神間での質的調査を基に」
発表者:南田明美(日本学術振興会特別研究員PD・九州大学芸術工学研究院)
指定討論者:太下義之(同志社大学)、古賀弥生(九州産業大学)
発表内容PDF:https://bit.ly/396t1DS 

 ・発表40分、討論40分を基本とします。
 ・発表内容の詳細は,別添PDFにてご確認ください。

〇会場  オンライン(Zoom)
〇参加申込フォーム  https://forms.gle/DYL5DojHjPVrC6CB8
〇参加申込み締切   2021年1月23日(土)

参加申込完了後、連絡先メールアドレスに当日参加用の「URL、ミーティング ID、パスワード」が送信されます。セミナー当日、接続開始時刻以降に各自の端末から送信されたURLにアクセスし、ミーティング ID、パスワードを入力してください。
申込締切後、1週間以内に「受付通知」メールが届かない場合は、大変恐れ入りますがお問合せ先までご連絡ください。

〇お問合せ 日本文化政策学会 若手研究者交流セミナー運営委員会
      seminar.jacpr@gmail.com

企画フォーラム⽉間(12 月 5 日 〜12 月 20 日)開催のご案内

日本文化政策学会では、12月を「企画フォーラム月間」とし、会員企画・運営によるフォーラムを、以下のラインナップで開催いたします。
文化政策に関わるトピックスの情報交換・共有の場として、会員はもちろん、非会員の皆様もぜひご参加ください。

【 ⽇本⽂化政策学会・企画フォーラム⽉間 】
*2020 年 12 月 5 日 〜 12 月 20 日
*Zoomによるオンライン開催
*参加費無料(個別に事前申込要)

*各フォーラム詳細は、リンク先のPDFをご確認ください。

ーーー

■ 12 ⽉ 5 ⽇(土)13:00~15:00
文化財保護法改定に伴う現状と課題
-文化財保存活用地域計画と住民参加を話題に-

https://bit.ly/2K7XqZE

ーーー

■ 12 ⽉ 6 ⽇(⽇)13:00~15:00
アーティストの生活をどのように調査するのか?
―研究と実践の協働に向けて―

https://bit.ly/3eWnLFm

ーーー

■ 12 ⽉ 19 ⽇(土)13:00〜(終了予定時刻 15:00)
「全国各地のアンケート係」顛末記
https://bit.ly/2UPUV00

ーーー

■ 12 ⽉ 20 ⽇(⽇)13:00~15:00
若手研究者の会発足フォーラム
-コロナ禍における若手研究者の現在-

https://bit.ly/2UuhZkV

ーーー

■ 12 ⽉ 20 ⽇(⽇)15:00〜(終了予定時刻 17:00)
政策・政治・学術との距離
https://bit.ly/2IzZPLN

日本文化政策学会「企画フォーラム月間」企画募集

毎年度研究大会での企画フォーラムの応募が盛況なことから、今年度は、大会とは別に企画フォーラム月間を設け、様々な文化政策に関わるトピックスを会員、非会員と共有して交流する場を提供することといたしました。
つきましては、会員の皆様からフォーラム企画を募集いたします。奮ってご応募ください。

○名称:日本文化政策学会 企画フォーラム月間

○日時:2020年12月5日(土)・6日(日)・19日(土)・20日(日)の午後13:00〜15:00 を予定。
なお採択する企画数が多くなる場合は、土曜日の 15:30からの回も設ける予定。

○開催方法:Zoomによるオンライン開催(一般公開・入場無料)

○概要:
・会員が企画・運営する 90 分もしくは 120 分のフォーラム企画を募集します。
・文化政策に関連するテーマと企画を自由に構想し、議論の場を開いて下さい。
・登壇者だけでなく、視聴者との質疑応答や対話が含まれることが望まれます。

○申込締切:2020年10月23日(金)23:59(締切時間を過ぎた申込は無効です)

○採否の通知: 2020年11月2日(予定)

*企画に関する経費の学会負担があります。応募条件、申込方法ほか、詳細については下記リンクから募集要項でご確認ください。

> 日本文化政策学会「企画フォーラム月間」企画募集要項

【開催延期】「文化財保護の歴史と政策」研究会(3/7)

 新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を受け、参加者及び関係者の健康・安全面を考慮した結果、2020年3月7日に開催を予定しておりました「文化財保護の歴史と政策」研究会の開催を延期することにいたしました。本企画については時期を改めて開催する予定です。直前でのお知らせとなり、大変に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

研究会担当者  馬場憲一(法政大学名誉教授)
        須田英一(法政大学講師)

        2020年2月28日

「文化財保護の歴史と政策」研究会開催(3/7)のお知らせ

日本文化政策学会では、〈会員企画提案制度〉により標記の研究会を開催いたします。
会員の方はもちろんのこと、会員以外の方でご関心ある方は奮って参加ください。

1. 日時  2020年3月7日(土) 午後2時〜4時30分

2. テーマ・発表者
【テーマ】「欧米の脱植民地化の流れと文化財返還
-転回する文化財の文化政策-」
【発表者】森本和男〔大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター 客員研究員〕

続きを読む…