学会活動

2017/12/04 若手研究者交流セミナー(12/16)

会員の皆様

 

文化政策研究の発展と交流のために、若手研究者を対象としたセミナーを開催します。各発表に十分な時間を配分し、各自の研究テーマを深めるために、当該分野の複数のスペシャリストによる助言と討議を行う。

 

日時:2017年12月16日(土)13時半〜17時

場所:東京大学本郷キャンパス法文2号館第三会議室 定員30名

 

発表者①杉山昂平 (東京大学大学院 学際情報学府 文化・人間情報学コース)

「趣味としての芸術活動における個人的興味と共同体の関係性――アマチュア・オーケストラを事例にして」

予定討論者 友岡邦之(高崎経済大学)

新藤浩伸(東京大学)

 

発表者②陳怡如 (神戸大学国際文化学研究科博士後期課程)

「日本統治下の台湾における文化政策の形成と特質-皇民化運動期以前(1895~1936)のパフォーミングアーツに対する施策からの考察」

予定討論者 井原麗奈(静岡大学)

       朴祥美(横浜国立大学)

 

ご関心のある方は、聴講を歓迎いたします。とくに申し込みの必要はございませんが、定員に達し次第入場をお断りすることがあります。

 

2017/10/16 若手研究者交流セミナーについて

会員の皆様

後期の若手研究者交流フォーラムについて、会場が神戸大学から東京大学に変更されました。

開催日は、12月16日(土)になっております。

また申し込み期間も、10月25日まで延長いたしました。ふるってご応募ください。

若手研究者交流セミナー要項2017後期

日本文化政策学会事務局

 

2017/10/11 文化財研究会(11月12日)開催の案内

会員の皆様

会員企画提案制度で採択された文化財研究会が11月12日(日)の14:00から法政大学で開催されます。

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

171112文化財研究会案内

日本文化政策学会事務局

2017/07/14 会員企画提案研究会の開催(8月5日)

会員の皆様

今年度から始まりました会員企画による研究会「文化財保護の歴史と政策」が開催されます。詳しくは、下記添付ファイルをご覧ください。

170805文化財研究会案内(会員企画提案)

日本文化政策学会事務局

 

2017/06/08 若手研究者交流セミナーについて(日程訂正)

会員の皆様

先日ご案内した前期の募集要項に「7)8月25~27日に開催される「利賀インターゼミ」の枠組みで「若手研究者交流セミナー」を実施する」と記載いたしました。
しかし、セミナーでの発表時間を十分に確保するために、日程を1日前倒しして、実施期間を8月24日〜26日に変更することにいたしました。

なお、公募要領を訂正したものは、以下の通りです。

若手研究者交流セミナー要項(29年度)(訂正版)

日本文化政策学会事務局

 

2017/06/05 若手研究者交流セミナーについて

会員の皆様

今年度も若手研究者交流セミナーの発表者を公募します。今年度は、夏に富山県の利賀で、また冬には神戸大学の方で開催いたします。若手研究者の方の積極的な応募をお待ちしております。詳しくは、添付ファイルをご覧ください。

170604若手研究者交流セミナー要項(29年度)

日本文化政策学会事務局

2017/04/18 学会誌第11号、会員企画提案制度の募集を開始します

会員の皆様

第10号については、発行が遅くなって大変申し訳ございません。
現在、編集・校正作業を行っており、5月末頃までには発行できる見込みです。
もうしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

(1)学会誌第11号へのエントリー開始

なお、本日より学会誌第11号のエントリーの募集を開始します。今回より、学生会員が『文化政策研究』に投稿する場合は、以下のチェックリストの項目を確認し、投稿原稿とともに提出してもらうようにしてあります。必ず確認をお願いします。

第11号募集要項 2017Gakkaishi_11

投稿に際してのチェックリスト 2017Gkkaishi_Checklist

(2)会員企画提案制度の運用開始

今年度より、会員の研究の発展と交流を促すため、会員の企画による「研究会」「視察」に対して補助を行う制度を立ち上げました。詳しくは下記のファイルをご覧になり、ご応募ください。

会員企画提案制度 2017Kaiin_kikaku

日本文化政策学会事務局

2016/06/30 若手研究者交流セミナーの発表者を募集します(8/27 ~29)。

日本文化政策学会会員の皆様

今年度から若手研究者交流セミナーを開催いたします。
該当する会員はふるってご発表にご応募ください。
なお今年度については、富山県南砺市で「利賀インターゼミ」の枠組みの中で開催をします。
趣旨:文化政策研究の発展と交流のために、若手研究者を対象としたセミナーを開催します。本セミナーは、学会発表とは異なり、今後の文化政策研究を担う、主に博士論文の提出を目指している研究者を対象としています。そのため各発表に十分な時間を配分し、各自の研究テーマを深めるために、議論を行う上でもっとも適切な専門領域の会員による助言と討議を行うものとなります。

1)    発表者の条件:大学院博士後期課程在籍中もしくは修了者(学生会員を含む)

2)    発表者3名以内

3)    文化政策分野の研究課題について40分の発表を行い、シニア研究者2名が討論者となって各20分のコメントをする。

4)    氏名、所属機関、発表タイトル、発表要旨(1000字~1200 字)を記載したPDFファイルを、7月15日までに学会事務局にメール添付で送る。

5)    選考委員会で審議し、7月中旬に発表者を決定、通知する。

6)    発表者は8月15日までにフルペーパーを提出。

7)    本年は8月27日(土)〜29日(月)に開催される「利賀インターゼミ」の枠組みで「若手研究者交流セミナー」を実施する。

8)    各発表者に対して自宅〜利賀(南砺市)間の交通費を補助する(上限2万円)。

利賀インターゼミは、当学会の会員の教員有志が、10数年前から利賀の演劇祭(SCOTサマーシーズン)の期間中、それぞれがゼミ学生を連れて参加し、昼間は学生たちの研究発表や教員同士の文化政策に関する討論を、そして夜は演劇鑑賞をするという趣旨で行ってきたものです。(こうした活動が認められ、数年前から、大学生演劇ワークショップと併せ、「利賀インターゼミ」として演劇祭の主催者の一員である舞台芸術財団演劇人会議の人材育成事業の一環に組み入れてもらい、一部経費の支援を受けるとともに、地元の南砺市からも観光・交流に一環として宿泊費補助も受けられるようになりました。(担当理事からの説明)。

日本文化政策学会事務局

日本文化政策学会事務局

  • 2019年4月より事務局が移転しました。

  • ●事務局
  • 〒162-8644
  • 東京都新宿区戸山1-24-1
  • 早稲田大学文学部
  • 藤井慎太郎研究室

  • ●会員連絡窓口
  • 美学出版に一部事務委託しております。入退会・住所変更の届け出、各種お問い合わせについては、下記事務局までご連絡をお願いいたします。
  • 〒113-0033
  • 東京都文京区本郷2-16-10-701
  • 美学出版 内
  • 日本文化政策学会事務局
  • TEL:03-5937-5466 FAX:03-5937-5469
  • e-mail: jacpr_office[at]jacpr.jp
  • [at]の部分を@に置き換えてください

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン